2023-09

厚生年金

厚生年金046 企業型確定拠出年金(企業型DC)②拠出限度額 

(1)はじめに 企業型確定拠出年金の復習 企業型確定拠出年金とは、企業が一定の範囲内(拠出限度額)の範囲内で、掛金を拠出して、従業員(加入者)が運用方法を決定し、その運用方法の結果に基づいて給付額が変動するという年金制度です。①原則として、...
厚生年金

厚生年金045 企業型確定拠出年金(企業型DC)①制度のあらまし

(1)はじめに。確定拠出年金の復習 確定拠出年金とは、企業または個人が、定められた範囲内で掛金を拠出し、従業員や個人本人(加入者)自身が運用方法を決定して、その運用方法に基づいた給付を受けることができるという年金制度です。①掛金の拠出額に上...
厚生年金

厚生年金044 確定拠出年金(DC)総説

(1)はじめに 今回からしばらく、確定拠出年金(DC)について書いていきます。 確定拠出年金は、厚生年金法上の制度ではありませんが、老齢年金の1つとして位置づけられており、説明してきた厚生年金基金、確定給付企業年金(DB)の流れからも適当と...
厚生年金

厚生年金043 確定給付企業年金(DB)

(1)はじめに 年金制度の全体像として、①国民共通の基礎年金としての国民年金(1階部分)②サラリーマンや公務員等を対象にした厚生年金保険(2階部分)があり、さらに、③上乗せ部分として、会社の福利厚生としての企業年金(3階部分)があります。 ...
厚生年金

厚生年金042 厚生年金基金

(1)厚生年金基金とは 厚生年金基金とは、老齢厚生年金の報酬比例部分の一部を、政府に代わって、厚生年金基金が支給する制度です。 厚生年金基金(以下「基金」)が、老齢厚生年金の報酬比例部分の一部(代行部分)と、各基金独自のプラスアルファ部分を...
厚生年金

厚生年金041 60歳台前半の老齢厚生年金の雇用保険による調整⑤高年齢雇用継続給付Ⅱ

(1)はじめに 前回の続きです。 雇用保険の「高年齢雇用継続給付」によって、60歳台前半の老齢厚生年金が具体的にどのように調整されるかについて書いていきます。(2)復習①高年齢雇用継続給付とは、60歳~64歳の雇用保険の被保険者について、各...
厚生年金

厚生年金040 60歳台前半の老齢厚生年金の、雇用保険による調整④高年齢雇用継続給付Ⅰ 

 60歳台前半の老齢厚生年金の受給権者(60歳~64歳)は、現役世代でもあり就労中の方が多く、雇用保険の被保険者である方が多くなっています。 よって、雇用保険の給付を受けたとき、60歳台前半の老齢厚生年金の一部(または全部)が支給停止になる...
厚生年金

厚生年金039 60歳台前半の老齢厚生年金の、雇用保険との調整③基本手当(失業手当) Ⅱ 

前回の続きです。(※前回の記事は、最後にリンクを貼っておきます) 60歳台前半の老齢厚生年金と雇用保険の基本手当(いわゆる失業手当)を同時に受給できる場合は、基本手当が優先的に支給され、60歳台前半の老齢厚生年金は支給停止になります。(1)...
厚生年金

厚生年金038 60歳台前半の老齢厚生年金の、雇用保険との調整②基本手当(いわゆる失業手当)Ⅰ

 60歳台前半の老齢厚生年金の受給権者は、就労中で雇用保険の被保険者であることが多いことから、雇用保険の給付を受ける場合、二重受給を防ぐために、年金の支給調整が行われることがあります。 今回から2回にわたり、雇用保険の基本手当(いわゆる失業...
厚生年金

厚生年金037 60歳台前半の老齢厚生年金の、雇用保険との調整①あらまし

(1)なぜ60歳台前半の老齢厚生年金は調整されるのか。 60歳台前半の老齢厚生年金は、60歳~64歳の方が対象であるため、受給しながら就労する方が多いのが実情です。 そのため、労働者災害補償保険(労災保険)や雇用保険などの労働保険の被保険者...